私は自分を表現することが苦手で、これまでたくさんの人に誤解されてきました。
なかなか本当の気持ちが伝わらない、ということに気が付き、伝えることをあえてしないようにしました。そうすると人の話が聞こえてくる、聞く姿勢が自然とできてきて、なぜか私に様々な相談事を持ち掛けてくるようになりました。
私は只々聴いているだけです。 それでも相手は何か安心感が得られたのか、不安が軽減したように少し元気になって帰っていきました。
そのうちに相談に対して
「こうしたらどうですか?」
と提案やアドバイスをするようになると、徐々にそれが結果につながっていくようになりました。
このような経験から、私は「人が笑顔になれるような仕事」「何かの問題解決のお手伝いをして、結果として喜んで頂けるような仕事がしたい!」「そういう仕事が、向いているんではないか?」
と考えるようになり、探偵という仕事を始める事になりました。
それから探偵という仕事を始めて、10年以上になりますが、これまで沢山の方のトラブルを試行錯誤しながら、解決してきました。
「私へ相談にこられた方には、笑顔になってもらいたい!」
という思いで、続けてきました。
私へ相談に来られた時は不安と精神的な疲れから、暗い顔をしていた人が、調査が終了して報告をした時には、笑顔になって感謝していただける。
その瞬間に私は、
「世の中には様々な仕事があるが、探偵という仕事は自分に合っていて、誇りに思うと同時に天職だ」と感じています。

ご依頼者さんが「どうして・なぜ」探偵に依頼しようと思ったのか?誰の為に依頼するのか?

を明確にし、最終的にどうすれば解決できるのかをアドバイス、時には一緒に考えていきます。

探偵業界を変えていきたい、探偵選びで失敗して欲しくない

皆さんが想像・思い描く探偵はどんなイメージですか?
「怪しい」「胡散臭い」「調査料金が高いんじゃないか」「ちゃんと調査をしてくれるのか」などを思ったり、想像したりすると思います。
確かに、数多く存在する探偵事務所の中には「調査料金が非常に高い」「ホームページや代表の言う事は立派だが、依頼をすると失敗や言い訳ばかりの探偵事務所」や「調査力がなく、他の探偵事務所に仕事を振って何もしない」「調査力が無いため、失敗してしまい調査結果とは違う報告」を行う探偵事務所もあります。
「探偵ってどこも一緒でしょ?」
そう思う方は、先ず電話をしてから直接会ってじっくりお話をしてみて下さい。
料金が高いから、安いからで判断するのではなく
「自分自信の人生をかけても良いのか?」
そのくらいの気持ちで、判断すると良いでしょう!

代表 二井野 翔太